メニュー

産婦人科を、もっと気軽に、もっと身近
人生節目節目
産婦人科のかかりつけ

お知らせ

7月6日の午前は代診の先生が診療いたします。  [2024.06.09更新]
7月の診療日は、いつもと異なりますので、お気をつけ下さい。  [2024.06.09更新]
目黒区の子宮がん検診が始まります!  [2024.05.31更新]
6月の休診日はいつも通り(毎週金曜・日曜+第2・4土曜)です。  [2024.05.11更新]
スタッフさんを新たに募集します(2024年5月)  [2024.05.10更新]
妊婦健診・自費診療について大切なお知らせ・5月より土曜祝日料金を頂戴致します。  [2024.04.20更新]
*妊婦健診について* ご予約の方法が変わります  [2024.04.20更新]
5月の休診日は、いつもと異なりますので、お気をつけ下さい。  [2024.04.20更新]
4月の休診日は、いつもと異なりますので、お気をつけ下さい。  [2024.03.08更新]
2月6日 雪ですが、診療いたします  [2024.02.05更新]

Instagram

2024年(令和6年度)の
目黒区子宮がん検診が
6月1日より始まります。

目黒区に住民票がある方は、
子宮頸がん検査と子宮体がん検査(体がんは45歳以上)を受けることが出来ます。

当院は区の実施医療機関に登録されており、
助成の受診券をお持ち頂ければ、自己負担は無料です。

子宮頸がんは、早期には症状がなく見つけ難い癌であり、
かつ、早期発見しないと妊娠・出産への影響が大変に大きい病気です。

ですから、性交渉の経験人数や症状の有無に関係なく、
定期的に受けて頂きたい検査です。

ぜひ、子宮がん検診にいらして下さい。

・・・子宮がん検診の時に同時に
お勧めしたい、超音波検査のこと・・・
当院では、子宮頸がん、体がんの細胞診に加えて、
超音波検査も同時に実施するようお勧めしています。

なぜかと言うと、
子宮頸がんと子宮体がんの検査は、
がん細胞があるかどうかを見つける検査であり、
子宮や卵巣の婦人科の病気(卵巣腫瘍や子宮筋腫、内膜症など)は、
超音波検査を行わないと分からない事が多いからです。

子宮がん検診を行いましたと言われると、
子宮も卵巣も婦人科の健診は網羅して貰えたと思いがちですが、
実はそうではありません。

「毎年、子宮がん検診を受けています」と仰る方に
超音波検査を行った所、
大きな筋腫や内膜症が見つかったり、
速やかに妊娠にチャレンジ出来なくて
困ってしまう、なんて事をよく経験します。

超音波検査には助成がないので自費になってしまいますが、
そういった理由で超音波検査は、
子宮頸がん、体がん細胞診と共に是非、
行って頂きたい検査です。

生理痛が辛い方や出血量が多いなどの症状がある方は勿論、
超音波検査を一度も受けた事がない方などにも、
お勧めしたい検査です。

*************************

うさぎ 女性のための診療所は、
東急東横線学芸大学駅から徒歩2分

産婦人科のこと
なんでも相談できる
女性のための小さなクリニックです

生理痛、PMS、過多月経、性病、おりものの臭い、陰部の痒み、
不妊症、緊急避妊、アフターピル、避妊、ピルの処方、
更年期障害、妊婦健診、ブライダルチェック、子宮頸がんワクチン、
などなど、お一人で悩まず、先ずはご相談下さい。

うさぎ 女性のための診療所
https://drusagi.com/
東京都目黒区鷹番3−5−3 第1ビル2階
Tel:03-6412-8058

ご予約はホームページから、
24時間web予約が可能です。
LINEお友達登録をして頂くとご予約がより簡単に出来ます。
https://line.me/R/ti/p/@238tvupr?oat_content=url

*************************

#産婦人科
#子宮がん検診
#婦人科検診
#目黒区検診
#目黒区健診
#婦人科
#生理痛
#生理痛やばい
#過多月経
#出血
#ピル
#生理用品
#PMS
#月経困難症
#生理不順
#生理前症候群
#不妊症
#性病
#緊急避妊
#レディースクリニック
#学芸大学
#更年期障害

当院で相談できること&大切にしていること

  • 女性医師
    女性スタッフによる診療

    当院では基本的に診療にあたる全ての医師、スタッフは女性です。
    産婦人科は女性ならでは診療科ですから、医師やスタッフは自分自身が婦人科疾患や不妊治療、妊娠・出産を体験している者も多く、患者さんのお悩みや情報を共有し易いメリットがあると考えています。
    「こんなことで行っても良いのかな?聞いて良いのかな?」ということも、クリニック内の医師やスタッフの誰かは同じ経験をしているかもしれません。先ずは気楽にご相談下さい。
  • 産婦人科への相談について

    産婦人科のお悩みは、心も体もデリケートでプライベートな内容が多く含まれます。
    自分の症状で困っていること、パートナーとの問題、プライベートな問題だからこそ専門家に詳しく相談したいのに、人に話しにくい、恥ずかしい、と思ってしまってご相談を躊躇う方も多く、産婦人科受診へのハードルが高い原因の一つだと感じています。
    私たちは、どんなお悩みも軽んじることはしません。その方にとって、どんな検査や治療、提案が必要なのか、問診をよくお聞きした上、一緒に方針を考えます。ですから、安心してお話して頂きたいと思います。
  • 生理痛のこと

    生理の時、痛み止めが必要な方や大きなナプキン(30cmなど)が必要なほど出血量が多い方など、生理痛が辛い方や出血量が多い方は、見逃してはいけない病気や将来の不妊に繋がる病気が隠れている場合があります。放っておかずにきちんと調べておくことがとても大切です。

    生理痛は長い期間は放っておいて欲しくない状態、そして、コントロールが十分に可能な痛みです。

    産婦人科医と共に、治療計画を一緒に考えて、今を快適に過ごして頂き、そして将来にも備えて欲しい、という願いから、当院では、中高生さんなどお若い方や産婦人科が初めての方も、ご相談だけでも良いので気楽に来て頂きたいと考えています。
  • 妊娠のご相談

    当院は小さなクリニックながら、卵管造影検査、精液検査を含めた、不妊症に関わる基本的な検査を一通りしっかりと受けることが出来ます。また、タイミング療法や人工授精までの不妊治療も可能です。

    不妊治療の最大の目標は、妊娠に成功して元気な赤ちゃんを出産することなのは間違いありません。当院でも、もちろん、その目標に向かって検査や治療を正しく行っていきます。

    でも、

    ・早く妊娠したいから積極的に不妊治療をしたい
    ・そろそろ妊娠を考えていて相談や検査をしてみたい
    ・今すぐじゃないけどいつかは妊娠を考えている、待っていても大丈夫なのかな?
    ・不妊治療をしても夫婦関係は良好でいられるかしら?

    など、妊娠希望に対する温度感や心配ごとは、カップルそれぞれに異なります。当院ではまず、大切なデータや検査結果をお示ししながら、その上でご自身達はどんな風に検査や治療を進めたいか、最初にしっかりとヒアリングを行うことを大切にしたいと考えています。

    相談だけでも大丈夫、気楽な気持ちでお越し下さい。

    不妊治療について、当院が大切にしていること → more
  • 生理のいろいろなトラブル

    ・毎月の生理が順調ではない(生理不順)
    ・生理じゃない時に出血があった
    など、「病院に行った方が良いのかな?」「急いだ方が良いのかな?」と思う様な生理に関わる色々なトラブル、お悩みについても、まずは気楽にご相談に来て下さい。
    様々な年代の方が生理のトラブルでご相談に来られますが、よく問診をさせて頂き、お一人お一人の年齢や状況に合わせて、必要な検査を行ったり、今すぐ対応が必要なのか、ゆっくり対応すれば良いのか、将来的に心配はないのか、などの見極めをしていきます。
  • 生理前の不調(PMS)

    生理前の1週間程度、気分が落ち込む、異常にイライラする、食欲が増す、身体がむくむなど、生理前に体調不良を感じる方、それは月経前緊張症(PMS)という状態かもしれません。

    女性の生活の質を下げる厄介なPMSは、ピル、漢方薬、生活指導など様々な方法で、症状を軽減し、コントロールする事が十分可能です。勉強や部活、お仕事、家事や育児などに集中できず、PMSとの付き合い方を知らずに、がまんして過ごすのは、とても勿体ないことだと思います。知って、上手にお付き合いする、私たちはそのお手伝いをします。
  • 婦人科検診

    当院は目黒区指定の区がん検診施設です(2024年6月から)。

    子宮頸がん検診については、自己負担金なく検査を受けることが出来ます。

    少し注意して頂きたいのは、子宮頸がん検診は子宮の出口の細胞を取って子宮頸がんの兆候があるかどうかを調べる検査なので、子宮筋腫や卵巣嚢腫などの病気があるかどうかを調べることは出来ません。

    当院では、子宮頸がん検診の際に申し出て頂くと、超音波にて子宮と卵巣のチェックを受けることが出来ます。婦人科全般の検診を受けられるので安心です。

    また、せっかく産婦人科に来たのだから、検診だけでなく、ついでに普段困っていること、産婦人科のことなら何でも相談して欲しいと思っています。
  • 妊娠したら

    生理が遅れているなと思ったら、妊娠検査薬を使用して、まずは妊娠の有無を確認して下さい。

    生理予定日を過ぎて1週間後くらい(妊娠5週くらい)で最初のご相談に来るとちょうど良いですが、よく分からない場合は、ひとまず早めに来院してみましょう。

    当院では分娩の取り扱いはありませんが、妊娠初期から分娩施設に転院するまでの妊婦健診を受けることが出来ます。
    分娩先のご相談や産後の相談も一緒に行うことが出来ます。
  • 更年期のこと

    40〜50歳くらいのご年齢に差しかかり、

    「汗が止まらない」「顔や体が熱くなる」「イライラする」「気持ちが落ち込む」「よく眠れない」「疲れ易い」「体がだるい」「頭痛や肩こりがひどくなった」など、「年かな?でもなんか変だな」「私はどうしちゃったんだろう・・・」と思う様な症状がある方、それは更年期障害かもしれません。

    ご自身の心身の変化に戸惑ったり、不安に思ったり、周囲の方々に理解されずに苦しむ方もとても多いです。

    当院では、更年期障害が疑われる方には、詳しい問診を行い、お一人お一人に合った検査や対策を一緒に考えます。専門家に話してみることで、気がつくことや変わることもたくさんあります。先ずは気楽に相談にお越し下さい。
  • 性病のご心配

    クラミジア、淋菌、梅毒などの性病は以前よりずっと増えています。実際に、パートナーが性病が疑われる症状を訴えている、パートナーが泌尿器科で性病の診断を受けたので自分も診て欲しい、などのご相談はとても多くなっています。

    性交渉の経験数に関わらず、性病にかかる人が本当に増えていますから「自分は大丈夫」などと思わず、恥ずかしがらず、心配な場合は必ず検査を受けて欲しいと思います。

    当院では、一般的な細菌検査、性感染症の検査を一通り受けることが出来ます。ぜひご相談下さい。
  • 避妊のご相談

    当院では、低用量ピル、子宮内ホルモン放出装置(ミレーナ)による継続的な避妊法をご利用頂けます。

    避妊がコンドームによるものだけでは、アクシデントにより望まない妊娠をしてしまう場合があります。上記の避妊法は女性側の避妊方法としてとても有用ですし、コンドームと組み合わせることによって、より高い確率で避妊が可能です。

    避妊のために、女性がピルやミレーナなどの積極的な対策をするのは、決して恥ずかしいことではありません。どうか気楽に相談に来て下さい。
  • ワクチンのこと

    当院では、子宮頸がんワクチンの接種が可能です。キャッチアップ接種も行っています。

    ご妊娠前に予防をしておきたい風疹についても、ワクチン接種が可能です。

    また、季節的なインフルエンザワクチンも随時取り入れていく予定です。

    子宮頸がんワクチンについては、色々な情報が飛び交うので、未だにご不安やお問い合わせが多いワクチンでもあります。「心配だし興味はあるけど、よく分からないな、、」という理由で接種を見合わせている方やその親御さんはとても多いです。

    当院では、産婦人科専門医による専門的で正しい情報を聞くことができ、接種するかどうかの選択のためのお手伝いを致します。ぜひ一度ご相談にいらして下さい。ご相談だけでも大丈夫です。
  • デリケートゾーンのトラブル

    年齢を問わず、デリケートゾーンのトラブルは多岐にわたる上、ご相談件数も多いです。

    具体的には、デリケートゾーンの痒み、デリケートゾーンの匂い、何かできものができた、おりものが多い、おりものの色や性状がいつもと違う、などの症状です。

    ご自身のデリケートゾーンが臭ったりおりものが増えると、相談が恥ずかしいと仰る方もおられますが、デリケートゾーンのトラブルは全く珍しいことではなく、女性なら誰しも起こり得るトラブルですので、ご相談をためらう必要は少しもありません。気楽にご相談にいらして下さい。
  • 緊急避妊のご相談

    ピルを飲み忘れてしまった、コンドームがアクシデントで破れてしまった、避妊しないで性交渉をしてしまった、、、

    など、様々な理由で膣内射精やそれが疑われる状況に陥ることがあります。

    当院では、その様な不安な状況が発生した場合、緊急避妊ができるお薬をご用意しています。

    トラブルが発生したら、72時間以内で内服を開始して頂きたいので、なるべく早めにご相談下さい。

産婦人科のこと、一人で悩まず、
まずはご相談ください。

産婦人科専門医
&女性医師による診察

丁寧にお話を聞いて、診察を致します。

産婦人科を、もっと気楽に、もっと身近に。
女子の皆さんに産婦人科のかかりつけ医を持って欲しい。
そのために何が必要か、どんなクリニックなら、
気楽な気持ちで相談に行ってみよう、通ってみようと思って頂けるのか、
そのことを私なりに一生懸命考えて、うさぎ 女性のための診療所を作りました。

山本 瑠伊Rui Yamamoto

私達のクリニック

〜診察への配慮と心地良い空間作りの工夫〜

産婦人科は心身ともにデリケートでプライベートな問題を相談し、診察する場所です。
どなたも安心して診察を受けて頂けるよう、内診や診察に対して、私たちは心からの配慮に努めます。
また、緊張される方も多いため、少しでも不安が少なくリラックスして診療を受けて頂けるよう、心地良い空間作りを心がけています。

こんな症状でお困りではないですか?

当院で受けられるサービス

  • 女性医師・女性スタッフによる診療

    当院では基本的に診療にあたる全ての医師、スタッフは女性です。
    産婦人科は女性ならでは診療科ですから、患者さんとお悩みや情報を共有し易いメリットがあると考えています。安心してご来院下さい。
  • 予約制による診療

    ・当院の診療は、待ち時間の軽減、混雑による感染を予防するため、個々の患者様のご相談内容に応じた適切な時間を提供したいという点から、予約制にて診療を行っております。ホームページやLINE公式より、24時間ネット予約が可能です。事前にご予約をしてから来院を頂けますようお願い致します。
    ・なお、緊急性が高い方は別途、事前にお電話でご相談を頂いてから受診の可否を確認して頂きますよう、よろしくお願い致します。
  • 来院前の事前問診

    ・当院では、来院前のweb問診を活用しています。事前に保険証の登録や詳しい問診にご回答を頂くことで、クリニック内での待ち時間短縮につながるだけでなく、患者様のお悩みをしっかりと把握することが可能となり、診察がスムーズになります。
    ・ホームページやLINE公式からご予約の際に、自然に問診へ行ける流れになっています。また、お時間がない時は、後から問診だけ行って頂くことも可能です。ご予約のリマインドメールからも問診に回答できます。
    ・受診前にぜひ、回答頂けますよう、ご協力をお願い致します。
  • キャッシュレス決済(クレジットカード、paypay)

    ・受診の前に「現金の用意がない」「ATMに寄らなくちゃ」という焦りやわずらわしさをなくしたい、感染対策のため、院内での待ち時間を軽減したい、という想いから、当院では基本的にキャッシュレス決済でのお会計をお願いしています。クレジットカード(VISA、MASTER)および、paypayも利用可能です。
    ・また、スマート決済という、クレジットカードの事前登録サービスも利用可能です。スマート決済は診療後、お会計を待たずに直ぐにお帰り頂けて、大変便利です。web問診の中でご登録可能です。
    ・ご利用頂けますよう、ご協力をお願い致します。
  • オンライン診療

    当院では、自宅やクリニック外に居ながら、パソコンやスマートフォンで診療を受けられるオンライン診療をご利用頂けます。病状やお薬内容が安定している方やお忙しくて来院が難しい方などに最適です。
    ・当院では、定期的な検査やメンテナンスをしっかりと受けて頂くことができる上、普段の受診はオンライン診療でお時間やお手間を省くことが出来ます。
    ・オンライン診療でも、診察やお薬の処方などは、保険診療が可能です。オンライン診療になったからと言って、全て自費診療になってしまう心配はありません。また、特別な手続きやアプリのダウンロードなども必要ありません。オンライン診療をご希望の方は、下記の詳しいご案内をお読み下さい。

    MORE

診療時間

祝日も診察しています

診療時間
午前/8:30〜12:00
午後/13:00〜16:30
(木曜日のみ18:00)

休診日:金曜・日曜・第2、第4土曜
(祝日は基本は診療いたします)
金曜日が祝日の場合は休診日といたします
土曜日・祝日の詳しい診療日は月ごとのカレンダーでご確認ください

診療時間

診療時間
午前/8:30〜12:00
午後/13:00〜16:30
(木曜日のみ18:00)

休診日::金曜・日曜・第2、第4土曜
(祝日は基本は診療いたします)
金曜日が祝日の場合は休診日といたします
土曜日・祝日の詳しい診療日は月ごとのカレンダーでご確認ください

当院と連携している医療機関

*東京慈恵会医科大学附属病院(新橋・御成門)

*東京慈恵会医科大学附属第三病院(狛江市)

*厚生中央病院(恵比寿)

*東京都立広尾病院(広尾)

*東京医療センター(駒澤大学)

*昭和大学病院(旗の台)

*東京共済病院(中目黒) 

*東京都立荏原病院(洗足池)

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME