メニュー

✴︎オープニングスタッフ募集✴︎

クリニックの概要

  • 東急東横線 学芸大学駅徒歩2分の場所に、2023年11月1日新規オープン予定の産婦人科のクリニックです
  • ただいま、オープニングスタッフ募集を募集しています:正看護師、医療事務スタッフ(受付兼診療補助)
  • 金曜+日曜+土曜日隔週でお休み、基本の診療時間は8時半〜16時半(木曜日のみ木曜日のみ8時半〜18時)働き易く、ご自身や家族の時間が確保し易い診療時間設定です
  • 駅近の立地、院内もスタッフさんが働き易い環境
  • 女性の幸せに関わる産婦人科クリニックのお仕事
  • 院長を含め、スタッフは全て女性です
  • 産婦人科クリニックや病院のご勤務経験者は大歓迎ですが、産婦人科の医療に興味や関心があり、当院が目指したい方向性に共感を持って頂ける方なら、未経験の方でも大歓迎です
  • パートさんも大歓迎! 週に1〜2回からでも可能なので、先ずはお気軽にお問い合わせ下さい

どんなクリニックになる予定? 「うさぎ 女性のための診療所」がめざすゴール

うさぎ 女性のための診療所は、思春期から更年期以降の全ての年代の女性が気軽に相談に来れる、産婦人科のかかりつけ医をめざします。

診療内容は、生理痛やPMS(月経前緊張症)、がん検診や婦人科疾患の管理、性病や感染症、ワクチンの相談、不妊検査や治療、妊婦検診、更年期障害など、産婦人科全般の外来診療です。

いわば、女性の一生の節目節目に関わっていくクリニックです。

医師とスタッフさんが共に一つのチームとして、患者さんから良き相談役だと思って頂けるようなクリニック像が目標です。

具体的に言うと、患者さんご自身に産婦人科の困りごとが起きた場合も、ご自身の周りのご家族や友人の女性に起きた場合も「うさぎに相談しよう」と一番に思い出して貰える様なクリニックになりたいと言うことです。

そして、ゆくゆくは、患者さんその方の、産婦人科的な健康を現状から将来に渡るまで見渡し、トータルで女性の幸せに関わる提案ができるクリニックになりたいと考えています。

そういった気軽に相談に行けるクリニックをかかりつけ医に持つ事は、確実に女性の一生の幸せに繋がると私は考えており、私がこのクリニックを作りたいと強く思った原点であり、最終目標です。

小さなクリニックですが、各種検査や施設はしっかりと用意があり、適切な検査や治療を受けて頂けるような準備が整っています。

医師だけでなくスタッフさんも、患者さん一人一人に対し、その方にとって有益なことは何なのか、どんな検査や治療で介入しお手伝いしたらより良いのか、その方に合わせたプランを自身の頭で考えて想像し、提案できるよう、皆んなで日々学んでいけたらと思っています。

こんな方を募集します

上記の様なゴールをめざすためには、クリニックのメンバー全員で力を合わせて患者さんと関わり、クリニック全体が一つのチームとして「頼りになるな、温かいな」と感じて貰えることが必要です。

ですから、良いチームを作ることは、欠くことの出来ない最も大切なポイントです。

その様なチーム作りには、知識や経験ももちろん大切ですが、笑顔や思い遣りのある対応が出来ること、チームワークを発揮して働けることが何より大切だと私は考えています。

ですから、「そのようなチームに一緒に加わりたい」「私も何かしたい」と共感して下さる方であることを最も重要視します。

人とコミュニケーションを取ることが好きな方、自分が関わることで誰かを幸せに出来た時に喜びを感じたり幸せだと思える様な方を、私のクリニックは必要としています。

不妊治療や妊婦健診も行うので、ご自身の経験から患者さんの立場を思い遣って行動できる方や、母乳や育児相談に応えられる助産師さんや育児経験者の方も大歓迎です。

また、当院では業種間の垣根のないチーム作りを目指したいと考えており、スタッフ全員でクリニック業務全般を協力して行う予定です。

業種や資格の有無に関係なく、内診を含めた診療補助に携わって頂き、お会計や受付業務、毎日のお掃除などの雑用も共に行っていきます。

具体的には診療補助では、医師と共に患者さんの側に就いて、カルテ記載や検査オーダーなどを行ったり、内診の際には医師の補助を行って頂きます。会計や受付が混雑している時は、誰でも構わず業務を手伝い、診療がスムースに流れるよう皆んなで工夫をする、という具合です。

そうして、クリニック内の全ての仕事を皆んなが把握する事で、院内の色々な部署で発生する困難を共有する事ができ、改善するためのアイデアも皆んなから生まれ易いと思うのです。

また、誰かの体調が悪い時や急なトラブルで院内が混雑するような時も、手のあいた人が補填に回ることができ、クリニックのチーム力が高いことは、働く人にとってもストレス軽減になり、働き易い環境を作る大事な要素になると考えています。

未経験の方や以前のお勤め先と方法が異なるなど、最初は慣れない事を心配されるかもしれませんが、少しずつ慣れて行けるよう丁寧に伝えていきたいと思っています。

こじんまりした小さなクリニックですから、オープニングは院長を含めスタッフ皆んなで一緒に、少しずつ成長していけたら良いと思っています。

良いチーム作りとコミニュケーションについて

私は、患者さんともスタッフさんとも、コミュニケーションをよく取ることを大切にしたいと思っています。

患者さんとのコミニュケーションがよく取れていると、事務的なやり取りだけでは計れない患者さんのニーズを吸い上げることが可能となり、それがその方の幸せとクリニックを選んで下さったことへの満足度に繋がることを、私はこれまでの現場で体験してきました。

また、スタッフさんもその様な形で患者さんに関わることで、クリニックのメンバー全員が患者さんに貢献できたと感じられ、それが次なるモチベーションに繋がっていき、生き生きと働ける好循環を生むことも、私は目にしてきました。

今の時代のクリニックには、素晴らしい検査や医療機器、便利なITツールもたくさんあり、患者さんのご不便は以前よりずっと減っている様に思います。

しかし、多くの患者さんが何を以って最終的にクリニックを選び、満足だと感じているかと言うと、結局は、「人」なのだと私は感じています。

「辛い時に先生やスタッフさんが優しい声をかけてくれた」「私のことをよく診てくれている」「あのスタッフさんに会うと明るい気持ちになる」などと感じ、クリニックが好まれる源泉は、クリニックのメンバー全員が患者さんとよくコミニュケーションを取り、よく関わることでしか生まれないと思います。

でも、患者さんとそうして関わり続けることは、必ずしも容易ではありません。院長が一人だけで立ち回っても、一部のスタッフだけが頑張っていても、絶対に難しいと思います。

だから、私は患者さんとのコミニュケーション以上に、クリニックのチーム内のコミニュケーションとチームワークが何よりも大切だと思うのです。

経験者の方が未経験者の方に教え合う、未経験者の方や違う様式のクリニックでお勤めだった方も、これまでの職場で経験したスキルを新しいチームではどんな風に活かせるか考える、お互いが出来ることを少しずつ出し合い、皆んなが刺激をし合って成長する、そんなことが日常的に出来ている職場にするにはどうしたら良いだろう、と考えた時も、やっぱり大切なのは普段からよくコミニュケーションを取ることだと思います。

チームを良くするためには、時にはお互いに指摘をし合ったり、業務内容や患者さん対応などについて、改善点を話し合ったりすることが不可欠です。

また、毎日働いているので、当然ながら人間は時にはミスをしたり、わざとじゃなくても上手くいかなかったり、誰かの言動や所業に対して患者さんから厳しいご指摘を受けることも絶対に起こり得る事です。

メンバー同士が、仲間や患者さんを批判したりジャッジしたりするのではなく、尊重し合うことが出来る者である、と言うのは大前提です。

そして、クリニックが安心安全に運営されて、上記の様なゴールをめざす為には、常に軌道修正と成長が必要で、これを指摘し合い高め合えるのは、クリニックのメンバー同士しか居ません。

ここで、普段からよくコミュニケーションを取れていないと、言動の改善や仕組みのまずさを指摘しているだけなのに、自分の人格を否定されてしまったと感じてションボリしてしまったり、成長のチャンスとしてせっかく指摘してくれた事なのに快く思えなかったりして、

何が良くなかったのか、次からどうしたらより良くなるのか、指摘をシンプルに捉えることが出来ず、建設的な話し合いが出来なくなってしまう残念な状況を、私はよく見かけてきました。

私自身もコミニュケーション不足のせいで、せっかく指摘をしてくれたのにムッとしてしまった事があり、自戒も込めて、働いている人同士はよくコミニュケーションを取ろう、と言うのは絶対に忘れてはいけないポイントだと思っています。

具体的には、オープン後は、定期的に意見交換をする場所を設けたり、勉強会を開いたり、LINE WORKSなどのツールも活用しながら、コミニュケーションをたくさん取っていきたいと考えています。

私もまだまだ勉強中ですが、他にも良いコミニュケーション方法があったら紹介して欲しいし、スタッフさんからの提案や発信を楽しみに思っています。

ここまで読んで頂いて、当院で働くいうことは患者さんとも仲間とも、非常によく関わっていくことだと言うことが分かると思います。

小さなクリニックですから、人の輪は小さく、人と人との距離は近いものになります。

上記のようなチーム作りに共感できないと思う方は、当院での勤務に楽しみや喜びを感じ難いかもしれません。

逆に、上記の内容に共感して下さる方、人と関わるのが好きな方には、とても向いている職場ではないかと思います。

働きやすい環境

学芸大学駅徒歩2分という、とても便利で環境の良い立地で、南向きの2階にあるクリニックは陽当たりも良く、明るい雰囲気です。

この記事を書いている院長の私自身が子育て中という事もあり、診療時間は無理のない設定になっているので、ご自身の時間やご家族との時間をしっかりと確保しながら働く事ができます。

スタッフルームは靴を脱いで寛げる環境で、個別のおトイレもあり、スタッフさんのプライベートな空間を確保しています。

間取りや配置は、医師やスタッフさんが働くに際し、院内全体の動線や使い勝手が良いよう、コミュニケーションが取り易いよう、友人の看護師さんや医療事務さんに意見を頂きながら、楽しく働ける工夫を一緒に考えてもらって作りました。

また、出来るだけクリニックや病院らしさを感じ難い雰囲気を心がけたので、患者さんも働くスタッフさんも、お家やカフェの様に居心地の良い空間だと思って頂けたら嬉しいです。

ここまでは今現在、出来ている部分です。ここから先は私もまだこれから未知なる領域で、勉強していかなければならない部分なのですが、

良い職場環境とは、目に見えるものだけではなく、むしろ目に見えない部分の方が大切で、ここでもやっぱりコミニュケーションがよく取れていることは欠かせない要素です。

乗り込むための船は、ひとまず精一杯作りましたが、目に見えない部分、チーム作りの部分は、皆さんと一緒に少しずつ形にして行けたら良いなと思っています。

職種・仕事内容

①医療事務スタッフ(受付兼診療補助)

診療の補助・介助、医療器具の洗浄・滅菌、医薬品・医療品の在庫管理・発注、院内の清掃、各種雑用、患者様の案内、電話対応、受付会計対応、レセプト業務、院内配布物の作成やSNSによる広報

②正看護師

上記に加えて、処置の介助、検査や薬の説明、妊婦指導、採血・注射、母乳ケア

対象となる方

①医療事務スタッフ(受付兼診療補助):資格は不問

②正看護師:有資格者。助産師資格がある方、歓迎

*両業種共に、産婦人科クリニックでの勤務経験がある方は大歓迎ですが、ここまで述べた通り、産婦人科クリニックでの勤務に興味があり、クリニックの考え方に共感して下さる方なら、未経験者ももちろん大歓迎。

*PC操作(wordでの文章入力や簡単なexcelの操作)が可能な方。

*InstagramなどSNS発信経験がある方、配布物の作成やデザインを作る事が好きな方、大歓迎。

*ブランクのある方もご相談ください。

*ダブルワーク可能です。

*子育て中の方も、まずは遠慮なくご相談ください。

*まずはちょこっと働いてみたい、週1〜2日だけ働きたい、午前だけ、午後だけ、土曜日だけ、などの希望もご相談可能なので、まずは気軽にお問い合わせ下さい。

勤務時間

週休2日(週によって週休3日)

月・火・水 8:00-12:00 , 13:00-17:00

木曜 8:00-12:00 , 13:00-18:30

土曜(隔週)8:00-12:00 , 13:00-17:00

(終了時間は、診療時間の開始終了に合わせた目安です)

診療時間

月・火・水 8:30-12:00 , 13:00-16:30

木曜 8:30-12:00 , 13:00-18:00   

土曜(隔週)8:30-12:00 , 13:00-16:30

最終受付は診療終了15分前

給与

①(社)月給21万5000円〜 (P)時給1200円

②(社)月給30万円〜  (P)時給2000円

*能力・経験により優遇あり

*パートの方も、能力・経験により正社員への登用あり

休日休暇

金曜日、日曜日、土曜日隔週

年末年始休暇

夏季休暇

福利厚生

  • 交通費規定支給
  • 昇給・賞与あり(実績による)
  • 社会保険完備(法定条件による)
  • 制服貸与
  • 試用期間3ヶ月あり。
  • 研修期間の給与は、両業種ともに時給1200円。
  • スタッフルームあり(電子レンジ、湯沸かし器、貴重品ロッカー、スタッフ専用トイレ)

応募方法

ご興味のある方はお気軽に、お問い合わせ欄からご質問・お問い合わせをして頂けたら嬉しいです。
応募をされたい方は、下記のメールアドレスにご連絡の上、Googleフォームのご記入をしてお申し込み下さい。
Email Address : clinic.usagi2023@gmail.com
Google Form :https://forms.gle/kYbeaJMLE5ERTzcu9

各求人詳細

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME